上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
a 075
いつ頃だったかな…? 実家の父からお土産としてもらったもの。
「えっー!こんなでかいの、本に載せないし、そんなでかい本、読まないぃぃぃ。」
使い道ないしぃぃぃ~。と思ってたペーパーウエイト。

それが、意外と働くやつだったんです。
布の裁断作業に役立つ役立つ。布を押さえるのに、これがないともうパニック。

「ぶんちんない、ぶんちんない、どこ行ったぁ~?」

a 073

綺麗なガラス細工。結構重い。体重480g。
上に飛んでいるのは、てんとう虫か…?
スポンサーサイト
a 067
同布でデザイン違いのエプロン。
後ろの留めを厚みのある革タグで固定。革とリネンの相性は抜群。
ワンポイントに使っても革が「ここに居るぞー」って存在を主張してる。
だから、あまり大きく使うと駄目みたい。 ちょっとだけがイイ。
a 064
エプロン色違いバージョンです。今度はギャザーを胸元に入れました。
綺麗な青紫色のリネンで作ったもの。前から見るとチュニックに、後ろから見るとエプロンだったのねって感じ。
いえいえ、前から見てもしっかりエプロンに見えてますからってか。
同じ素材で逆ピンタックの入った少し短いバージョンも作ってます。

a 027
ポケット口をルーズにつけたエプロン。
この前より丈を長めにして作ってみる。 
「ちょっとそのままお買い物」 が出来るようなエプロンが欲しかった。

次は少しギャザーを入れたものを作成中。青紫の桔梗のような綺麗色のリネンで。
a 019

ラグラン袖のギャザーチュニック。
シングルガーゼを2色使って、ふんわりした感じ。
クリーム色のシングルガーゼをバイアスとすそにもってきてナチュラル感をつけました。

a 020

アンティークイニシャルをちょこっと挟む。……前後の区別を付ける為の策です、ハイ。
a 011
dupon35の2階スペースでやっているイベント「RE:」へ行ってきました。
池田舎さんのブログで紹介されている品々を前もってチェックしてたから、欲しいものは決まっていた……
のに!!
迷う迷う。あれやこれ。

相当迷って、これを購入しました。
なんて素敵なんでしょうか…。。。うっとり。。。

一番下のモチーフは紅茶染めでしょうか?紅茶染めとは、付けておくだけで綺麗に染まるのかしら…?と一緒に行った友達とモヤモヤトーク。結論は出ない。


08-09-13_11-53.jpg

スタッフさんに教えていただいた、近くのおいしいお店 『fam's deli』 
昭和初期を思わせるアンティークな店内。
本日のランチをいただきます。
私ら、お年寄りには調度良いバランスの取れたヘルシーなランチプレート。

08-09-13_12-05.jpg

ここは、またこんなんね。



a 010

ふと目に止まったこの本。
「相田みつを」さんの「育てたように子は育つ」
表紙の言葉にがっちり心をつかまれてしまいました。

中を開くと、子育てのこと、そして自分自身のことに対して、ストレートに伝わってくる、当たり前の言葉。
辛い時や、何かにつまづいた時に、この本を開いて、何が正しいのか改めて自分自身に問いかける手助けになる、と思える素敵な本です。
08-09-07_17-48.jpg

見苦しい画像ですみません。
久しぶりの「ふきのとう」 お盆の上にのっているのは、
「茄子の焼きびたしのマーボ茄子のせ」。ガメ煮、カボチャの天ぷら、チャーハン、エビフライ、ゴーヤチャプルなど…。
旦那の一度目のチョイスメニュー。 
ごめんなさい、せっかくのお料理が、こんなことしたら残飯にしか見えない。

ふきのとうは今、沖縄フェアーをやっていて、メニューがちょっといまいち。お客さんも少なかった。
一旦座席へ案内されておきながら、やっぱりやめますっていうカップルもいた。

根野菜のお味噌汁は、野菜の甘みが出ていて美味しかった。全体の味付けは以前から変わらず調度よい。長崎ちゃんぽんもあって、熱々のアンをカリカリ麺にのせ頂きました。

ちなみに旦那は、お盆に3度てんこ盛りでお替りをしていました。
a 007

作ってみたかったこだわりのもの。白地にステッチ。
いろんな刺繍が出来るから、組合せがおもしろい。
そで口や胸もとのギャザーに…とかいろいろ考えるのが好き。
でも白地以外は安っぽくみえるかな。刺繍の糸を変えてみてもいいね。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。